マットレスによって寝心地がこうも変わるとは!?


旅行で訪れた地域の宿泊施設で使用されていたマットレス。

ベッドの高さもそんなに高くなく、普通のベッドとそんなに変わりもないだろうと思い込んでいました。

旅の疲れもあり、それでもやらなくてはならいこともあり、ベッドの上で作業もしてしまおうと、数時間PCを持ち込んでベットの上で作業。

普通なら腰が痛くなったりしますが、この時は特に身体的な負担もかからずに作業をこなすことができました。

そのままそのベットで寝ることに。

普通は枕やベッドが変わるとなかなか寝付けないタイプですが、その宿泊施設のベッドでは毎日爆睡でした。

また、起きるのも苦にならず、マットレスの違いで睡眠状態も改善できるのか実感しました。

別の宿泊施設では、デザイナースタイルのこだわりのあるベッド周辺。

ソファーなどもリラックスができる環境で、日常を忘れてストレスフリーな時間が過ごせました。

やはり宿泊施設は、睡眠環境に対してある程度の知識や投資を行っている、ということが分かり、いろいろと見習って行きたいと思います。

もし、家に同じようなマットレスやデザイナーズスタイルが取り入れらることができれば、普段の生活や仕事の疲れも幾分改善するのではないかなと思います。

寝具店に行く前に、実際に宿泊して下調べをしてから1年がかりで「コレだ」という寝具にあって、それを購入することができれば普段の生活ないでじっくり休め、日中は活力が出て最高だと思います。

上記でおすすめベッド・マットレスなどを詳しく解説しています。是非ベッド・マットレス選びの参考にしてみて下さいね。




この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

この記事をみんなに教えてみませんか?

このページの先頭へ

セレブのための高級ベッド・マットレスガイド