自らを取り巻く環境を変えるにあたっての高級ベッドの役割


朝、起きた時の空気の美味しさは尋常ではなかった

「生は病気で、眠りは緩和剤、死は根本治療である」と社会学者のマックス・ヴェーバーは言っている。

本当に、生は病気で、それを完治する方法が、死しかないのか。それは、私には分からない。

ただ、彼も言っている通り、眠りは重要なことである。

例えば、私達が何かの問題に追われているとする。

何でもいい。

社会人なら仕事、学生ならテスト。

一日中、そういった「自分を追うもの」と対峙しなければならない時があるはずだ。

そんな時、どこに逃げ場所があるのか。

それは、睡眠である。

あなたに余裕がある時も同じだ。

やっぱり、毎日が楽しくて、箸が転んでもおかしい。

そんな時でも、休息は必要だ。どこで休息を取るのか。やっぱり、睡眠だ。

つまり、人間にとって眠ることは、呼吸をすることと同じぐらいに大切なのである。

そんな大切な眠る環境をおろそかにしていいはずがない。そうやって私に思い知らせてくれたのは、高級なベッドであった。

その頃、私は何か新しいことを求めていた。そまでの環境に辟易して、それまでにない事柄を、探していた。その一環で、少し高級なホテルに泊まった。

老舗のホテルだ。

私はそこで、高級なベッドの素晴らしさを知った。

眠っている時、嫌な夢を見る事もない。体は楽で、夜中に目を覚ますこともない。

朝、起きた時の空気の美味しさは尋常ではなかった。

つまり、私に必要なのは、新しい環境でも、新しい対人関係でも、新しい部屋でもない。

快適な眠りと、それを提供してくれるベッドなのだ。

私は上半身だけ起こし、気持ちの良い朝日の中で、そう考えた。

上記ではベッド・マットレスの選び方を解説しています。是非ベッド・マットレス選びの参考にしてみて下さい。




この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

この記事をみんなに教えてみませんか?

このページの先頭へ

セレブのための高級ベッド・マットレスガイド