こんなに違うのかと実感した低反発マットレス


私は今でもお世話になっているマットレスがあります。
それは低反発マットレスです。
基本的に流行り物などには興味が無く手をつけることもなかったのですが、あるキッカケから使い始めることになり今では無くてはならないものとなっています。

枕よりもベッドが大事

枕よりもベッドが大事と感じたのは低反発マットレスと出会ってからでした。
私は元々布団で寝る習慣だったのですが、学生時代に引越しをした時、自分の部屋をもつことができソファーベッドを購入しました。
最初のころは新しい物だったので嬉しかったり新鮮だったりで気にならなかったのですが、徐々に生活に変化が現れるようになりました。
それは寝付けないことでした。
最初は新しい環境になったことや通学時間が延びたことなどが原因かと思いなんとかならないかと知人に相談しました。
するとだいたいの知人は枕が合ってないのではないかと助言してくれて新しい物を購入しました。
しかし、あまり変化は感じなくむしろ寝相なども悪くなっていったと思います。
その枕が合わなかったのかもしれませんが改善にはなりませんでした。
そこでベッドで寝ることをやめて床に布団を敷いて昔のように寝てみたんです。
すると快適に朝を迎えることができて、ベッドでも変化があるんだなと実感しました。

その後無理をして使った結果

その後無理をして使った結果、身体を壊してしまいました。
布団を使うようになってしばらくして模様替えをした時、せっかくのソファーベッドなので上手く使いたいと考え近所の商店街で普通のマットレスを購入しました。
それをベッドの上に敷いて使うことで緩和されると思ったからです。
予想通りマットレスのおかげで快適に眠れたので使い続けることにしたのですが、自分の体がじわじわ変化していることには気が付きませんでした。
ある日、近所に買い物に行った帰りにいきなり息ができなくなりその場にその場にうずくまってしまいました。
何が起こったのか自分でも理解できなくただゆっくりと自宅に戻り横になりました。
その日の夜に知り合いのマッサージ店へ行き状態を見てもらうと「ギックリ背中だね」と言われました。
聞いたことのない症状だったので具体的に聞いてみると寒さなとでなるギックリ腰とは違い何もないところでいきなり症状が出るらしいのです。
普段の生活を説明しているとマットレスに問題があるかもしれないと言われました。

低反発マットレスを勧められ

低反発マットレスを勧められ、負担を軽くするようにと言われました。
そんなに違うものなのかと半信半疑で使い始めたら・・・これがぜんぜん辛くなかったんです。
柔らかく身体を包み込んでくれて眠りも浅めだったのがグッスリ眠れるようになり、背中の負担も感じませんでした。
ただ起き上がる時に背中を痛めていることを忘れるくらい快適だったので寝起きに痛めることが多々ありました。
それくらい気にならない低反発マットレスは本当に凄いものなんだと体感できました。

その後も使い続けて

その後も使い続けて今は3代目の低反発マットレスになっています。
今はソファーベッドも処分して床で寝ていますがそこには低反発マットレスがしっかりと敷いてあります。
快眠という意味でも手放せなくなっていますが、一番の理由はまたギックリ背中にならないか不安であることです。
それを予防できるのであれば普通のマットレスと値段も大差ない低反発マットレスを選ばない理由はありません。
寝つきの悪い人や首や腰などを酷使する作業をしている人には私は枕よりも低反発マットレスを先にお勧めしたいと思います。
きっと毎日の疲れを優しく包んでくれて快適な生活を送ることができるはずです。
安い物からはじめても絶対に変化はあると思います。

おすすめブランド・マットレス

最後に、当サイトがおすすめする人気のブランドやショップを上記ページで紹介していますので、こちらも是非ご覧になってください。




この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

この記事をみんなに教えてみませんか?

このページの先頭へ

セレブのための高級ベッド・マットレスガイド