お教えします!人生を変えたと言っていい最高のレガリアマットレス


嫁入り道具というと、皆さんはまず第一に何を思い浮かべるでしょうか。
多額の結納金が納められ、その金額に見合ったものを贈るとなると、恐らくベッドがまず第一にくることと思います。結婚生活が上手くいくかどうかはベッドに掛かっていると言っても良いかもしれないくらい、ベッドは重要なものです。私たちはそう思ってベッドを選びました。

二人で行ったベッド選び

私たちは昨年結婚したばかりの新婚夫婦です。
結納を済ませた後、新婦のお母さんからは「家具にも好みがあるから、二人で選んではどうか」との提案があったため、私たちは大塚家具で家具選びを始めました。中でもベッド選びには相当時間をかけました。

マットレスに関する誤解

私たちはとにかくマットレスについてはかなり拘りました。色んなマットレスに何度も何度も寝ては起きを繰り返していました。その際の説明の中で、今まで自分たちの理解が大きく間違っていたことが分かりました。それは、ちょっと柔らか目のマットレスのほうが安眠効果があるということです。

私は柔らかいマットレスだと姿勢が悪くなり、安眠を妨げると信じていたので、これまで硬いマットレスを好んで使っていました。しかし、硬いマットレスだと体の凹凸に馴染まないため、仰向けに寝ようが、横向きに寝ようが、常に無理な態勢で寝ていることになるようなのです。

レガリア登場

そこで勧められたのが、レガリアと言うメーカーのマットレスです。このマットレスは硬すぎず柔らかすぎず、試しに寝ころんだ瞬間から、最高の寝心地が得られることを実感することができました。
私たちは寝ころんで担当者さんの説明を聞くうちに、居眠りしてしまったくらいです。担当者さんのご説明によると、このマットレスであれば、体の凹凸にフィットしやすく、常に体のラインが真っすぐに保たれるということでした。

迷った末に購入

何度も寝ころび、そして丁寧な説明を受けたうえで、私たちはこのマットレスを購入することに決めました。しかし問題はその値段です。そもそもベッドと言うものは高いものですが、予想をはるかに上回ってしまいました。

そこで私たちはベッドの台自体を安価なものに抑え、マットレスに全精力を注ぐことにきめました。ただ、さすがに大塚家具だけあって、安価なベッドと言ってもそれなりのお値段でした。正直言って、購入を決めるまでは、こんなにあっさりとしたものではなく、何度も心の中で逡巡しましたが、やはりその寝心地を忘れることができず、購入に至りました。

ベッドは一生の買い物

私たちはこのベッドで新婚生活が始められて本当に幸運だったと思っています。やはり良い睡眠がとれなければ、生活はどんどん荒んでいきます。慣れない共同生活は愛し合って結婚した二人とは言え、多少のストレスを産むものです。そういったストレスも、質の良い睡眠があれば、翌朝にはキレイさっぱり無くなっているものです。

その質の良い睡眠を実現するためには、最高のマットレスが必要です。私たちはこのマットレスを選んだおかげで、毎日、質の良い睡眠をとり、円満な夫婦生活を送っています。また私も妻もちょっとした不眠症だったのが今ではウソのようです。マットレスが変わるだけで、こんなに生活が変わるものかと驚いています。なかなか寝つけなかった頃は、とにかく夜が来ると気持ちが沈むということの繰り返しでした。と言うのも、ベッドに入っても「どうせ、なかなか寝付けない」という思いが強かったからです。それが今では夜が恐くありません。「早くベッドでぐっすり休みたい」、そういう当たり前のことを自然と口に出来るようになりました。

ベッドは一生の買い物です。妥協せずに選んで正解だったと思います。そして嬉しいことに来年には待望の第一子が誕生します。それもこのベッドのおかげかもしれません 笑。

おすすめブランド・マットレス

最後に、当サイトがおすすめする人気のブランドやショップを上記ページで紹介していますので、こちらも是非ご覧になってください。




この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

この記事をみんなに教えてみませんか?

このページの先頭へ

セレブのための高級ベッド・マットレスガイド